FC2ブログ

    Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://spacedesignstudio.blog28.fc2.com/tb.php/147-e03e858f

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    住宅の模型(2)  「 作る理由(わけ)」

    前回、模型を作ることを大切にしているということを書いたので、その理由を。

    まず、
    [1]設計者自身の確認のため

    当たり前ですよね。
    でも、曲がりなりにも設計のプロなんですから、図面から「完成した姿」は当然想像できているんですよ。
    それに、スケッチをたくさん描きながら進めてるんでいろんなアングルの眺めもシミュレーションできているし・・・

    でも、目の前に質量を持った「塊」が現れると全くイメージが違うということは正直あるんです。
    で、クルクル模型を回しながら「あれ?ここ変。」となれば、ペンで線描いちゃったり、バキッと引きちぎっちゃったりできますし(笑)
    (勤務時代は、これをいきなり上司にされると結構ダメージありましたが)


    [2]お客様に、より理解をしていただくため

    これも至極当然なんですが・・・
    ただ上記にもあるように、プロであるが故に図面を見ただけでできてしまうイメージを、依頼主と共有できてしまっているように錯覚してしまうことも否定できない事実。
    建売住宅のチラシ等も「間取り図」のオンパレードですから、普段相当目にする機会が多いから大丈夫だろうと思ってしまうのも落とし穴。
    やっぱり、脳内で平面から立体に変換するという「1ステップ」が加わるというのは一般の方にはハードル高いと思います。
    「変換ミス」も付きものですし。


    パース(完成予想図)というのも良い方法なんですが、綺麗すぎるんですよね。
    力を入れれば入れるほど、その表面上の「美しさ」「リアルさ」が、依頼主のイメージを固定させてしまうこともしばしばで、実現したものと予想図にギャップを感じさせてしまうことも否定できません。

    やっぱり、すんなり理解していただけるのは模型を見ていただいた時が多いですね。
    その住宅の「見せ場」も説明しやすいですし。

    時代が変わってもやっぱり普遍的な良いツールだと思います。


    さて、模型を「 作る理由」はこんなところなんですが、実はもっと根本的なわけがあるんです。
    それは、個人的な「見解」とか「思い」の領域で、「持論」なってしまいそうなのでここで書くかどうか迷いますが・・・
    気が向いたら書きますので、興味がある方は次回以降チェックしていてくださいね(笑)


    DSCN3378.jpg
    小さな小さな平屋住宅の検討用模型。「コンパクトな中にもダイナミックな空間を」という見せ場を説明するのに、やっぱり模型は有効ですね。




    物語(ストーリー)を創造する栃木県小山市の建築設計&デザイン事務所
    株式会社SPACE DESIGN STUDIO
         ←当スタジオのホームページはこちら
    関連記事
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://spacedesignstudio.blog28.fc2.com/tb.php/147-e03e858f

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    星野 智秀/Tomohide Hoshino

    Author:星野 智秀/Tomohide Hoshino
    クリエイティブディレクター/建築家/デザイナー
    栃木県出身
    多摩美術大学美術学部建築科卒

    一級建築士
    芸術学士

    H26~H27関東職業能力開発大学校 非常勤講師

    栃木県小山市で、建築のデザイン・設計・監理からインテリアデザイン、プロダクトデザインまで手掛ける一級建築士事務所
    株式会社SPACE DESIGN STUDIO (スペース デザイン スタジオ)
    http://space-design-studio.com
    TEL 0285-38-7407

    SDS+F
    (インターネットショップ)
    https://sds-f.stores.jp/

    Tomohide Hoshino

    バナーを作成

    Facebookページ

    FC2カウンター

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。